FC2ブログ

まごれん!~真ごころのレクと機能訓練~

デイサービスのレクリエーションと機能訓練を日々の風景と共に、ご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(^O^)/


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Sさんの今。。

こんにちは(^∀^)

去年の10/6に書かせていただいた「粘り強く」というブログ。。

Sさんについて書かせていただいた記事なんですが、Sさんのデイサービスご利用までの流れを以前ご紹介させていただきました。。

その後もSさんはデイサービスへ毎週利用してくださっています。。

そんなSさんの現在の状況をまたご紹介させてください(^∀^)

あれから、デイサービスに朝お迎えにあがって、徐々にスタッフの顔も覚えてくださるようになられ、口腔ケアもはじめは恥ずかしかったようですが、毎回行ってくださるようにまでなってきました(^∀^)

そして、口腔ケアができてからの次の目標は「デイでの入浴」でした。。

11月、12月と見事に断られ、帰りの送迎の際には

ご家族様「今日はお風呂どうでしたか?」

スタッフ「今日も声かけはさせていただいたんですが、やはり拒否が強かったんです」

ある違う日には

スタッフ「今日は一番上の服だけ脱いでくださったんですが、そこまででした~」

なかなか入浴するまでが難しく、声かけを工夫したり、何ができるかをスタッフ間で相談を繰り返しながら、考えていきました。。



そして、決まったこと。。



それは「Sさんがスタッフに安心感を持っていただくために何ができるかを考えながらケアにあたる」

これを続けていこうということになりました。。表情や声の調子、コミュニケーションのとり方などを考えていきました。。

すると、Sさんの表情が徐々に柔らかくなり、さらにはよくお話ししてくださるようになってきました。。



年が明け1月に入り、今月も入浴は難しいかなと思いながら諦めずに声をかけ続けていきました。。

すると、1/14ついに入浴が成功しました。。


記念すべき日でした。。



帰りにご家族様に報告し、たいへん喜ばれていたことを今でも記憶しています。。

そして次回利用時に、ご家族さんからコメントをいただきました。。



「初期集中支援チーム」にもご報告させていただき、たいへん喜んでくださいました。。

しかし、継続していくことが大切。。1回入っただけでは安心できない。。

2回目はどうかな?と不安を抱きながら2回目を迎えました。。

ですが、そんな心配をよそにSさんはデイでお風呂に入ったことを覚えておられ、

「ここで1回入ったもんね~もう怖いもんないわ」と1回目よりスムーズに、そして1回目にはできなかった洗髪を含めて、入浴して下さいました。。



ご家族様からのコメントです。。

今では玄関先で断られる姿はひとつもなく、送迎車に進んで乗ってくださるようになられています(^○^)

デイサービスの中でも、レクにイキイキと参加される様子やお話しされる姿を見て、スタッフ共々喜びをかみしめています。。

Sさん、これからも入浴はじめ、デイサービスを満喫していきましょうね(^∀^)



関連記事
(^O^)/


[ 2017/02/02 17:08 ] 家族とのつながり | TB(0) | CM(2)
はじめまして!
いつも訪問ばかりで初めてコメントさせていただきます!

Sさんの話、Sさんの一歩、まごれんさん達の取り組み
すごく感動しました。

うちの母は、昨年デイサービスの体験に行きましたが
結局行きたがらず一歩踏み出せないままでいます。

デイサービスはいいところなんだと
娘の私が母にも話せるようこれからも
ブログ拝読させていただきます!

[ 2017/02/02 23:41 ] [ 編集 ]
Re: はじめまして!
shibshibaさんコメントありがとうございます(^^)/

デイサービスは良いところですよ。
慣れるのに時間のかかる人もたくさんいますけどね。

職員さんでも、利用者さんでも誰か一人でも話しやすい人が出来れば、
そこからは自然と継続できるケースが多いように感じています。

僕は、一歩踏み出せないときに、”何かを始めるのに遅すぎることは無い”
て、昔、学校の先生に言われたことを思い出すようにしています。

shibshibaさんのお母さんには頼もしい娘さんがいらっしゃるようですので、
まだまだ諦めるのは早そうですね(´▽`)
[ 2017/02/03 18:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。